9月 12 2014

普通の日だったけど外食

Published by under 未分類

昨日は普通に仕事でした。 良い事も悪い事もなく、至って普通の日でした。 しかし、いつもと違うのは次の日がお休みという事です。

仕事が休みの前日しかお酒は飲まないので同棲中の彼と一緒に家の近くにある焼き肉屋さんに行きました。 このお店は、土日祝日になると一時間以上待つ事が当たり前のお店なのですが平日ならそこまで待たなくて済むんです。 昨日も混んでいて騒がしかったのですが、待ち時間も無くすんなり席に通して貰いました。

一番最初に頼んだのはもちろん生ビールです。 徒歩で行けるのでお互いがお酒を飲めるのですが仕事終わりのビールは格別。 まだまだ暑い中仕事を頑張って良かったと思える至福の時です。

壷漬けカルビやレバー、上ロース、ザブトンなど沢山の種類のお肉を焼きお腹がパンパンになるまで食べました。 ここのお気に入りは網焼きでカロリーが抑えられる事とモツ煮込みが凄く美味しいんです。 行ったら必ず頼む一品です。

普段は自炊なので作る手間も省け自分が作る料理以外を食べられるので外食は大好きです。 普通な日に少し刺激をくれるミニイベントです。

その後はコンビニに寄りつまみとお菓子とお酒を買い込みました。

家に着いてからは今一番ハマっているプレステ3の戦国無双4をやりながら飲み直しです。 二人で協力しながら敵を倒しストーリーを進ませ天下を取るゲームなのですが、ばったバッタと敵を倒しながら進むゲームは凄くストレス発散になります。

ただ、最近目が見えにくい・・・老眼が来はじめていて((+_+))

男子だから女性よりかは老眼に対してあまり思わないのですが、それでも年取ってきたんだなってひしひしと感じますね。最近は老眼を治す方法があるみたいですね→老眼を治す※最新の老眼治療Vue+(ビュープラス)がいいよ。

その方法をすれば老眼鏡を使わなくてもいいってことみたいです!!ものすごく魅力的ですよね(^◇^)

 

次の日に出かける予定も無かったので眠たくなるまでゲームをやりながらお酒を飲み二人でのほほんとマッタリ過ごしました。

 

No responses yet

8月 21 2014

やっぱり沖縄旅行ですね

Published by under 未分類

ここ数年LCCの格安航空券のおかげで、海外はもちろんのこと、国内旅行までもがお手軽な値段でできるようになりました。
特に、沖縄や北海道などシーズンによっては片道数万円もしていた航空券が今や数千円で買えることも珍しくなくなりました。
そこで、もし10万円貰えるなら沖縄旅行をしたいです。それも那覇のある沖縄本島ではなく、離島を旅したいです。
具体的には、石垣島の近くに竹富島という島があります。300人程が暮らす小さな島ですが、昔の琉球時代の面影が残る原風景を味わうことが出来ます。
琉球石灰岩を積み上げて作った塀、白い砂が辺り一面広がる路地、水牛が引く牛車に乗っての島内観光。などなど、写真や動画でご覧になった方も多いと思います。
何をするわけでもなく、ただ、島の生活を感じ、島の人が食べているものを食べたいです。そうした生活に憧れすらいだきます。
現地にはインターネットに接続できるホテルもありますが、ぜひとも地元の人がやっている民宿に泊まりたいですね。1泊2食付きで5,500円程の格安で泊まれます。地元の人達とのふれあいが旅の目的の一つでもあります。
以上のプランを私の地元福岡から計算してみます。
福岡那覇間の航空券がLCCでおよそ7,000円。那覇石垣間の航空券がLCCでおよそ6,000円。石垣竹富島間のフェリー運賃がおよそ1,000円。さらにこれらの往復で28,000円。ざっと30,000円で往復できます。
ということは、民宿に10泊しても55,000円なので運賃と合わせて85,000円です。
つまり、10万円あれば余裕で竹富島10日間の旅行ができてしまします。

これは私のしたいことなのですが、わたしはシングルマザーで一人娘がいます。今年中学二年生になりました。

離婚をしてから娘に寂しい思いをさせないように、貧しい思いをさせないようにと必死に働いて、娘との時間を大切にするように生活をしてきました。

そんな可愛い可愛い娘が・・・いきなり!!脱毛がしたいと言ってきたんです(笑)

中学生が脱毛??目が点になりましたが、調べてみると中学生でも脱毛をしている子っているんですね・・・私が中学のころと比べると驚きだらけです。※脱毛中学生

女の子だし綺麗になりたい気持ちは分かるのでさせてあげたいとは思うのですが、お金に今余裕がないのでちょっと待ってもらっている感じです。なので娘の脱毛費用にあてるのも考えますね。

ホント最近の子はすごいわ~(笑)

 

 

No responses yet

6月 10 2014

汗っかきに大敵の夏

Published by under 未分類

私はそもそも寒いのが苦手で、むしろ夏が好きです。 とはいっても、一方で憂鬱なことがあります。 それは夏になると大量の汗が出るということです。脇の汗が一番とんでもなく出ますね・・・なので臭いまで気になって仕方ありません(´・ω・`)※脇汗をすぐに止める方法

昔の夏はまだよかったです。 ハンカチさえ持っていればなんとかなりました。 でも最近の夏は気温が高く、しかもムシムシしているので大変です。 これでもかというほど、汗がタラタラ絶え間なく出るのです。 私もそうですが、汗っかきの人にとって、そういう意味で夏は大敵です。

歩いていると、汗が目に入ったりすることもあります。 そうなるとメガネを取って、汗をあわてて拭き取らなければなりません。 ほんとに不便ですし、目も痛くなります。 夏はとにかく水分不足になりがちなので、水分だけは補充しなければいけません。 それで恥ずかしいけれど、歩きながらペットボトルの水を飲んだりもしています。 でもそうすることによって、よけい汗が出てきたりするのです。 本当に困ったものです。

ある友達は不思議なことに、あまり汗をかきません。 夏でも平気な顔で歩いています。 でもこれは逆に新陳代謝が悪いということなので、あまりいいことではないようです。 今のところ、どこかへ行く時はタオルを持っていくようにしています。 が、他にもっといい方法はないものかと、悩んでいるところです。 今年の夏も今から心配です。

どうにかワキ汗だけでも止めることができればひとつでも悩みから解消されるんですけどね・・・・汗と臭いって最悪。。。女性として恥ずかしすぎるし、こんなのでは男性からも嫌われてしまいそうで恋愛もまともにできません((+_+))

恋愛もしたいし、結婚もしたいのに〜って毎年悩んでいますね(>_<)

何かいい方法があれば教えてほしいです・・・

 

No responses yet

5月 28 2014

初めての車、中古車をお金を借りて支払った。

Published by under 未分類

私が今まで買ったものの中で一番高価なものは、車です。 値段はきっかり100万円。現金で100万円を出すことができなかったので足らずはお金を借りることにして、支払いました。

当時免許を取り立てで、初めの車はぶつける事を予想し中古にしようと探しておりました。 当時はインターネットがなかったので、本と中古車販売のお店を回る事で探すしかありませんでした。お店を回る際には車の知識が豊富で運転暦も5年ほどあった兄に必ず付き添ってもらい、試乗した車がどんなものかの確認を一緒にとってもらうということを、必ずしていました。

ある時中古車関係の本を読んでいると、自分の理想(大きさ・値段・色・形)に近い車が近所の中古車販売店に置いてあることを知り、さっそくお金を用意して兄とお店に向かいました。 中古車本体価格が70万だったので、保険代やその他もろもろを考えて100万もあれば平気だろうと、数十万円を銀行からおろし、あとは、借りたお金を足して封筒に入れて行きました。

そして中古車に行き試乗させてもらい、気になる箇所はあれどすっかり気に入った私は「これがいい」と店の人に伝え、交渉は兄に任せました。

気になる箇所とは、マフラーが改造されており、そのまま売られそうになったこと。助手席側の扉のヒンジがおかしくなっており、事故車だということが発覚したこと。元々の色は別色なのに、前の持ち主が自分で色を塗っていたこと、などです。

最初120万ほどの金額を言われたんですが、こちらとしては100万以上出せないことと、「気になる箇所」があまりにヒドイこと、この場で即決して現金で支払うことを念頭に交渉し、結果100万で売買成立しました。 当然、マフラーとドアはお店が無償修理するという内容付きです。

100万が高かったのか安かったのかはわかりませんが、私としては結果気に入った車が手に入り、満足したことを覚えています。

No responses yet

3月 24 2014

浅すぎる友人関係に呆然…

Published by under 未分類

大学生。
女子大生と言えばいいイメージしかなかった私。
大学生になるとみんな友達を作ろうと必死になって、グループができていくんですよね。
そこで私が困ったのが、大きすぎるグループになってしまったこと。
24人のグループ。
最早小学校のクラスです。
それだけ多くなってしまうと一年たってもフルネームを言えなかったり、誕生日や地元なんてわかるわけもありません。
あげくの果てにグループ内で愚痴があったり…。こうなってくるとグループがうまく回るはずがありません。
苦手な人もいるので当然なのですが、そんな浅すぎる友人関係でしかないグループを『家族』と呼んでいました。
これが大学の友人関係なのかと落胆し、相談されやすい気質の私はひたすら『家族』内での愚痴を聞かされ続けることに。

その愚痴だけではなく、悩み相談とかまで受けていましたからね。例えば学生ローンを利用しすぎてしまって返済に困っているだとか。次に借りないといけないんだけど審査がと売るのか心配だとか。※学生ローン審査

そんなの私に効かれたって知るわけないですし、ある意味私にお金を貸してくれって言っているようなもんですもんね。こんなの友人とかはたまた【家族】って呼べるのかなって感じですよね。
どうして一緒にいるんだろう、と悩み続けたのは今でも苦い思い出です。

No responses yet

3月 12 2014

ラグビー

Published by under 未分類

僕が学生時代にハマった事は、ラグビーです。

高校まではラグビーのルールすら知らなかったんですが、大学入学後、同クラスの友人にラグビー部に一緒に入ろうと勧められ、言われるがまま加入しました。

最初は何となく流れで入ったんですが、結局大学生活4年間ラグビーばかりしていたんではないでしょうかね。

今考えると、まさかあんなにハマるとは思えませんでしたね。

No responses yet

" "